セックスの仕方を伝授。イカせまくったやり方です

【セックスの仕方公開中】



あなたも指マン、挿入だけ頑張っても
女性をイカせられないと知っていると思います。

では、女性をイカせる、または失神するまで
イカせるために「必ず」必要な
【 3つの方法 】を知っていますか?


※イカせられないと、もう「セックスのやり方」とか「イカせる方法」などと
大事な時間を使ってネットで検索する必要はありません。



さてさて【3つの方法】を知り、セックスで実践すれば
どれ程、女性を感じさせれるのか?


セックス本を多数執筆されているアダム徳永さんの言葉です。

『真に官能モードに入った女性は、文字通り全身が感じます。
経験のない男性には信じられないかもしれませんが、
神経が通っていないはずの髪の毛や、つめまでもが
性感帯と化すのです』

引用 アダム徳永(セックスセラピスト)
産経新聞社夕刊フジ
2007.10.26紙面掲載


今回、最後のメール講座を開きます。

そして、この度あなたに教える方法は、まさにこの状態に
させるものです。

既に実践された方からも多々コメントを
頂いていますので下記画像をクリックして確認して
みてください。



彼女を喜ばせたい方は覗いてみてください。


※今回が最後のセックス講座の募集となります。
セックスが上手くなりたい!エッチに自信を付けたい!
という方は正しいSEXの仕方を是非、この機会に
学んでください。

募集人数に対して残りわずかとなっております。お早めに!

 

2009年06月17日

イケない原因

今日は女性目線でイケない理由を考えてみましょう。



エッチのとき、彼と抱き合っているとき、気持ちいいって感じていますか?
初めは誰でも緊張してそれどころじゃないかもしれませんが、馴れてきても感じない・・・。


「私って不感症なのかしら・・・」と思っていませんか?


それは、「イケない悩み」=「心の悩み」だということです。

どうして、あなたがイキたい、と思うのか?

その裏側には、パートナーとの関係を修復したかったり、
パートナーから愛されたいという欲求の表れだったり、
逆に、パートナーの愛に応えたいという思いであったりする訳です。


女性としての自信を回復したいという方も中にはいらっしゃいますが、
そういう方も同様、今のパートナーとはもうすでに冷え切っていて、
新しいパートナーとの間でそういう思いになっているということです。


つまり、ただ単にイってみたい、オーガズムを経験してみたい、
ということではなくて、パートナーとのコミュニケーションを
上手く図りたいというところに繋がっているのかな、という気がします。


愛し愛されるパートナーとの心の結びつきも体の結びつきも
両方上手くいけば、これほど幸せなことはありませんものね?



で、イケないという悩みを持つ女性の多くは、
自分を責めています。それ以外の方は相手のせいにしています。

これは、どっちにしろ、思い込みです。

確かに、パートナーからひどい言葉を投げかけられたり、
冷たい態度を取られた、という方もいらっしゃいます。


心の底ではとってもショックを受けています。


でも、これも結局、思いこみから派生することなんですよね。



今日は、あなたに何を伝えたいかというと、
イキたいと思う、そのこころの裏側には理由がある、ということです。


あなたがイキたいと思う理由は何ですか?
言いかえると、あなたがパートナーとどんな関係になりたいか?
それによって、あなたの気持ちや心にどんな変化をもたらすのか?


そこが明確になれば、答えは出たも同然です。


結局は、それが分かれば自然と女性がイケる
セックスが見えてくるようになります。





------------------------------------------------
編集後記
------------------------------------------------

サッカー負けちゃいましたね・・・・
前半勝ってなのに。

ケーヒルめ!!

この選手、確か3年前のドイツ大会でも
2点決められましたよね?


プレミアでやっている選手は違いますね。
完敗です。


でも、日本はベストメンバーじゃなかったってことで
そんなに落ち込んでません。


本番頑張ってもらいたいですね!



では、今日はここまで。
おやすみなさい!




【お願いします】



セックスやり方&テクニックTOPへ





posted by 神元慎之介 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 質問集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121709921

この記事へのトラックバック